男女

思い出に一生残るものにしたい|婚約指輪の正しい選択

結婚にむけて

夫婦

早めに準備しておくこと

婚約指輪とは婚約した証しとして男性から女性に贈られる指輪の事です。以前は男性がプロポーズする際にサプライズとして女性に秘密で購入する事も多くみられました。しかし女性の側からしてみると気持ちは嬉しいけれど、やはりデザインやブランドを一緒に選んで決めたかったというシビアな本音が多いようで、最近ではプロポーズ後にふたりで購入しに行く事が多いようです。また婚約指輪を選んでからも名前を刻印したりサイズを調整したりと、数か月かかるとみて早めに準備しておきます。結納や顔合わせの時に披露できると良いでしょう。またフルオーダーの場合だと、更に日数がかかりますのでよく調べておきましょう。金額はよく「給料の3か月分」とも言われますが、実際には20万円〜40万円、平均30万円ほどのものが多く選ばれているようです。

2つの指輪の違い

結婚するにあたって用意する指輪は2種類あります。婚約指輪と結婚指輪です。結婚指輪は結婚後も多くの人が指輪をはめて生活するので、普段使いできるようにとシンプルなデザインが好まれます。それに対して婚約指輪は前述のように婚約の記念として贈られるもので、女性にとっては嬉しい華やかなデザインのものが多く、その約7割がダイヤモンドを使用しているといわれています。しかし必ずしもダイヤモンドでなければという決まりも無く、その他にルビーやパールといった誕生石などが使われる事もあります。婚約指輪というのは結婚するまでのその期間、指輪を付ける事で結婚への意識も高まり、その準備期間を幸せに過ごすことが出来る、女性にとってはとても大切なものだといえるでしょう。